先頭に戻る

内臓脂肪を燃やすには?簡単ダイエット | ジンブラック口コミ

お腹

 

簡単に内臓脂肪が落とせる!
内臓脂肪を減らして効率よくダイエット!

 

いくら頑張ってもなかなか痩せられない…
少し痩せては、すぐにリバウンドしてしまう…
そんな悩みを抱えていませんか?

 

その原因は、内臓脂肪にあります!
内臓脂肪が減らないと、いくら頑張っても体重を落とすことができません。

 

また、少し体重が減ったとしても、体内の内臓脂肪が減らないとすぐにリバウンドしてしまいます。

 

ここでは、ダイエットで悩んでいる方に、内臓脂肪を燃やして効率よく痩せられる方法を紹介したいと思います。

 

内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは、臓器やその周りにつく脂肪で、男性の方がよりつきやすく、内臓脂肪が多いとリンゴ型体型になります。

 

ちなみに、皮膚の下につく脂肪が皮下脂肪で、女性により多く、洋ナシ型体型を作ります。

 

内臓脂肪が内臓周りにつくと、当然内臓が太ってしまい、特に内臓が多く位置するお腹まわりがポッコリ出てくることが多いです。
つまり、中年太りと言われるポッコリお腹の原因が、内臓脂肪の増加なのです。

 

そんな内臓脂肪は一旦ついてしまうと、なかなか落としにくく、通常のダイエット法では簡単に落とせないのが難点です。

 

 

しかし、内臓脂肪に効く正しいダイエット法を使えば、落ちにくい脂肪も効率よく落とすことができるので、あきらめずそのダイエット法を試してみましょう(*’▽’)

 

内臓脂肪の増加は病気の原因になります!

病気

 

内臓脂肪の増加は様々な悪影響を及ぼし、病気の原因にもなります。
内臓脂肪が増えると、以下のような生活習慣病が発生する恐れがあります。

  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 血栓症
  • 高血圧
  • 糖尿病

内臓脂肪が増えると、内臓周りの血管が圧迫され、血管が細くなったり・血液の流れを妨げたりする恐れがあります。

 

血液の流れが悪くなると、血管に血液が滞ることで血中の中性脂肪が増え、悪玉コレステロールを増加させます。

 

そして、悪玉コレステロールが増えることで、様々な生活習慣病の発生を促し、ひどい場合は死に至る危険性もあります。

 

よって、生活習慣病をなくすためには、まず内臓脂肪を落とし血管周りの環境をキレイにすることで、血管への負担を軽減して血液の流れをよくします。

 

内臓脂肪を落とす方法は?

サイクル

 

体に悪影響しかもたらさない内臓脂肪を落とすためには、食事の改善が必要なだけでなく、有酸素運動も大事です。

 

内臓脂肪落としに効果的な食べ物

●青魚
青魚にはたくさんのEPAやDHAが含まれています。
これらの成分は、脂肪燃焼効果を高めてくれるミトコンドリアの活動を活発にする働きがあり、内臓脂肪を落とすのに良い効果をもたらします。

 

●カテキン
緑茶に多く含まれるカテキンは、ポリフェノールの一種です。
実は、このカテキンにもミトコンドリアの活動を活発にする働きがあり、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

 

 

他にも、キャベツやごぼう・大根・ほうれん草・トマト・豆腐・豚肉・オレンジなども内臓脂肪を減らすのに効果が高くおススメです。

 

●内臓脂肪落としに効果的な食事方法
・栄養バランスの良い食事を心がける
・食事はゆっくり、よく噛んで食べる
・寝る3時間前は食べ物を摂取しない
・高カロリー食材は避ける
・アルコール摂取を控える

 

つまり、規則正しい食生活を心がけることで、体内環境を整え効率よい内臓脂肪落としをサポートします。

 

内臓脂肪落としに効果的な有酸素運動

有酸素運動は、筋肉の増加や強化・筋力のアップ効果を高めます。
体内の筋肉を強化し筋力をアップすることで、血管の働きを正常にし血中の脂肪はもちろん、皮下脂肪・特に内臓脂肪を減らすのに大事な役割をします。

 

しかも、有酸素運動は通常の運動と違って激しい動きをするのではなく、毎日軽い運動を長く続けることが大事です。

 

毎日10分〜50分以内でできる軽い有酸素運動を続けるだけで、内臓脂肪は必ず落とせます。

 

●特に効果的な運動
・ウォーキング
・軽いジョギング
・水泳
・階段の上り下り
・足踏みなどの軽いストレッチ
・家事

 

以上のような軽い有酸素運動を意識することで、効率よく内臓脂肪が落とせるだけでなく、生活習慣病の予防や改善、その他体重の減少・リバウンドの予防にも効果が期待できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか〜

 

生活習慣病やメタボの原因となる内臓脂肪。
内臓脂肪がたまってしまうと、様々な生活習慣病が起こりやすくなり、命に危険を及ぼす場合もあります。

 

そんな内臓脂肪を効率よく減らすためには、血流促進効果の高い食材を積極的に摂取しながら、有酸素運動を意識することが最も大事です。

関連ページ