先頭に戻る

水で太るって本当?必見!水の飲み方で代謝アップして痩せ体質に

水

 

水太りって、聞いたことありますか〜

 

昔から太っている人は、お水だけを飲んでも痩せる所か・逆に太ると言われています^^;

 

しかし、お水は0カロリーです。
そんなお水を飲むだけで、本当に太るんでしょうか?

 

ここでは水太りの原因や・水太りの解消法について紹介したいと思います〜

 

水太りの、原因とは?

太る

 

人間の体は、およそ60〜70%が水でできています。

 

よって、水は人間にとっても大切な成分で、1週間食物を食べなくても命が助かりますが、3日間お水を飲まないと人間は死ぬと言われています。

 

水は人間の体内で、食物の摂取から・栄養素の吸収・血液の循環・老廃物の排出など、どの過程でも必要不可欠で大事な働きをしてくれます!

 

つまり、体内の水の量が少ないと、以上の全ての過程において支障が出やすいので、命を繋ぐことが難しくなります。

 

私達が生きていくために必要な水の量は、大人で1日に2〜3リットルだそうです。

 

ですが、摂取した水の中の半分くらいは、汗や・お肌の分泌物・尿や便などと一緒に、老廃物として体外に排出されると言われています(・。・;

 

その排出された水は、また体外から摂取するのです。

 

つまり、人間が生きていくためには、毎日お水の補給・排出を繰り返さなければなりません!

 

体外から摂取する水とは、ミネラルウォーターなどの飲料水や・その他食べ物から得られることが多く、毎日2〜3リットルの量を補給することで、体内の内臓機能や・循環器機能が正常に行われるようになります。

 

便秘症や・冷え症は、水不足が原因?

よく便秘症や・冷え症で悩む人が多いのですが…
実は、お水の摂取量が少なすぎると、慢性的に内臓・循環機能に支障が出ることで、基礎代謝が低下して発症するのだそうです\(◎o◎)/!

 

しかし、逆にお水の量が3リットル/日より多い場合はどうなるのでしょう…

 

例えば、1日に3〜4リットル以上のお水を摂取した場合、体内の内臓はもちろん・循環機能の働きが間に合わず、余分な水が体内に溜まってしまいます(・。・;

 

この余分な水が体内に溜まり続けると、慢性的なむくみ症を引き起こし・身体が膨張することで、太って見えるようになるのです!

 

水太りを解消するための、対策

運動

 

水で太るのを防ぐためには、体内の様々な機能に必要な水の量を保つことが大事です!

 

多すぎても・少なすぎても、体に悪影響をきたすので十分に気を付けましょう♪

 

水の量をうまくコントロールできる人は、痩せやすい体質に変わりやすくなります\(^o^)/

 

人それぞれの体質によって、必要な水の量が多少変わるかも知れませんが、余分な水が体内に溜まらないようにするためには、以下の対策を心がけましょう!

 

代謝を上げる!

余分な水を摂取すると、体内機能が追いつかず、代謝が低下します…

 

水を多く摂取したり・何となくむくんでいる気がする時は、軽い運動で汗をかいたり・排尿などを助ける食物を食べたりすることで、代謝をアップし・余分な水を排出するようにします!

 

塩分を控える!

太った人は、お水を飲むだけでも太る…
そんな方は、よく自分の食生活を思い出してみて下さい!
普段から外食や・飲み・塩分の高い食事をしていませんか?

 

塩分を多く摂取すると、それを解消しようとして人間は多くの水を飲むようになります…

 

しかし、水を飲むだけでは体内の塩分濃度は変わらないので、余分に摂ってしまった水は、そのまま体内に溜まることになり、水太りや・むくみ症などを起こします。

 

筋肉を鍛える!

余分な水を摂り過ぎた時、体内の循環機能が低下するのですが…

 

実は、筋肉の収縮によって、この循環機能が高まることが分かっています!

 

つまり、普段から体の筋肉を鍛えておくことで、体内の循環機能能力を高め、余分な水分の排出を正常にサポートできるようになるのです(*’▽’)

 

体を絶対に冷やしてはいけない!

体が冷えると、体内のすべての働きに支障が生じ、代謝が低下→水分の排出ができなくなります…

 

普段から運動や・湯船に入ることで、体の冷えを改善し、余分の水分が体内に溜まらないようにしましょう!

 

最後に…

むくみ

 

最後に、水太りしやすい人の特徴を紹介します…

 


・夕方になると脚がむくみやすく、指で押した時戻りが遅い
・便秘症or冷え性を持っていて、トイレの回数が少ない
・運動が苦手
・立ち仕事or座りっぱなしの仕事が多い
・疲れやすい
・夏でも、あまり汗をかかない
・湯船に入らない
・濃い味付けを好んで食べる
・朝、まぶたがよくむくむ
・お酒が好き…

 

もちろん体質にもよりますが…
以上の中で、2つ以上の項目に当てはまる方は、水太りしやすい体質の可能性が高いので、普段から代謝アップの対策を心がけましょう!

関連ページ