先頭に戻る

冬は太りやすいって本当?その原因とは? | ジンブラック

太る

 

冬になると、体重増えませんか?

 

冬に体重が増えて、困っている人が多いようです…
なぜ、冬になると体重が増えるのでしょうか?
その原因や、対策法などについて紹介したいと思います。

 

冬は、なぜ太る?

飲み会

 

食欲の秋から、イベント事が多くなる冬になると、たくさん美味しい物を食べ&お酒を飲む機会も増えるため、冬太りがどんどん加速します…

 

そんな冬太りの原因は、大きく分けて以下の4つです↓

 

体の、正常反応

哺乳類である人間は、冬寒い時期になると、動物と同じく寒さに対応し、体を温めるために、脂肪を蓄えようとします。

 

クマなどが冬眠する前にたくさん食物を食べて、蓄えるのと同じで、人間の生理的反応なのです。

 

自分で意識しなくても脳が勝手に判断するので、冬は太りやすい要素があるのです。

 

暴飲暴食

食欲の秋にやや太り気味になり、元の体重に戻ってない状態で、冬のクリスマスや忘年会・お正月・新年会と、様々なイベントで胃を休める間もなく、たくさん食べて飲んでという日常が続きます。

 

しかも、1年で最も美味しく、カロリーの高いものを食べる機会が増えるのですが…

 

普段よりも動くことが少なく、たくさん食べたものをすべてエネルギーに変えられず、体内に蓄積されるため太ってしまうのです。

 

運動量が減る

寒いとあまり動きたくなくなるため、夏に比べ運動量も大分減ります…

 

もちろん、寒くても軽いウォーキングや・ランニングなどを続ける人もいますが、やはり蓄えてしまった脂肪全部を消費するほどのカロリーは使ってないため、体は太ってしまうのです。

 

休みが多い

年末年始は休みが多く、家でゴロゴロする時間も増えます。

 

特にお正月はたくさん食べて飲んで、室内にこもりっぱなしになることが多いため、体は完全にリラクスモードになり、消費するカロリーはもっと少なくなるので、結果的には太ってしまうのです。

 

冬太りの予防対策

ダイエット

 

暴飲暴食しないよう、心がける

食べる・飲む機会が増える冬ですが…
自分で食べる量を調節して、なるべくカロリーを溜めすぎないようにすることが大事です。

 

例えば、飲み会がない時は、通常より食事量を減らしたり、食事の回数を少なくしたりすることで、疲れた胃に休む時間を与え、正常な消化機能を保ちます。

 

飲み会を断る勇気を持つ

冬は飲み会も多く、場合によっては連日飲まないといけない場合もあります…

 

そんな飲み会を連日続けると、体は完全に緊張感を忘れ、楽な方に進もうとします。

 

冬太りを防ぐためには、体がリラックスモードに入る前に、リセットして元の感覚を忘れないようにすることが大事です。

 

つまり、飲み会が連続する時はどちらかを断ることで、体の調子を正常に戻し、冬太りを予防することができるのです。

 

代謝をアップさせる

食べる量が増え、運動量が減ると、体は確実に太ってしまいます…

 

ですが、代謝アップを心がけることで、食べたものを少しでも多くエネルギーに変え、脂肪を燃焼させることができます。

 

方法としては、酵素ドリンクを飲んだり、脂肪燃焼や代謝アップをサポートしてくれるサプリを飲んだりすることで、十分冬太りを抑えることができるのです(*’▽’)

 

場合によっては、プチ断食も実行する

飲み会やイベントがない時は、食事制限をし、必要に応じてプチ断食をすることで、体に緊張感を与え、余分の脂肪を燃焼させることができます◎

 

食事の順番を、意識する

欲求のままメインのお肉や炭水化物をたくさん食べると確実に太りますが…

 

その食べる順番をちょっと工夫するだけで、摂取カロリーは大分減ります。

  1. まずは、スープを飲む
  2. サラダなどの、野菜系を食べる
  3. メインのお肉や、お魚を食べる
  4. 最後に主食である炭水化物を取る

この食べる順番を変えるだけでも、十分カロリー摂取を抑えることができるので、冬太りの予防になります。

 

いかがでしたでしょうか〜
太りやすい冬は、これからです。

 

今の内から体調や食べ物に気を使い、常に食べ過ぎないよう意識することで、冬太りを予防しましょう!

関連ページ